峰田メリヤスのあゆみ

  • 1951年
    山形県東村山郡山辺町で峯田政四郎が個人創業
  • 1954年
    第1回山形県ニット展示会に出品
  • 1955年
    山形県ニット展示会を契機に、東京、大阪などの商社と取引がはじまる
  • 1959年
    「サマーセーター」を開発、大好評を得て季節産業から通年産業に脱皮する
  • 1960年
    創業地に新工場を建設、取引先を全国一円に拡大、対米輸出等を始める
  • 1963年
    「峰田メリヤス株式会社」に法人化
  • 1964年
    東根市に「内外ニット株式会社」を設立
  • 1965年
    輸入編機を導入、女子寮3棟建設
  • 1968年
    敷地内に新工場着工
  • 1969年
    新工場完成。従来のセーター類から婦人スーツ類までの生産を始める
  • 1971年
    新工場隣接地に福利厚生施設として、テニスコート、バレーコート、女子寮5棟、保育所を新設
  • 1972年
    「内外ニット株式会社」を「ソーイングミネタ株式会社」に社名変更し、縫製専門工場に転換
  • 1973年
    優良申告法人表彰
    イッセイ・ミヤケ氏より、パリコレクションの作品依頼を受け、サンプル作成好評を得る
  • 1975年
    西ドイツ製コンピューター編機を業界に先駆けて導入
  • 1981年
    創業30周年を契機に、トヨタグループのアイシン精機と「TSS」研究を始める。
  • 1982年
    TSS(トヨタソーイングマネージメント)を導入し、「必要なものを必要な時に必要な分だけ生産する」仕組みづくりに着手
  • 1985年
    TSSの精神を更に極める為、当社独自の「MSS」スタート、グループ全員参加のQCサークル発足
    「山形県産業賞」受賞
  • 1988年
    優良申告法人表彰
  • 1989年
    横編機において目覚ましい開発力を持つ島精機の最新横編機(SES)導入、
    合わせてグラフィック機能を備えた(SDS)導入
  • 1991年
    創業40周年
  • 1993年
    「ソーイングミネタ」の新社屋建設完成。CAM(自動裁断機)導入。優良申告法人表彰
  • 1995年

    島精機の開発した世界初の無縫製編機(SWG)導入

  • 1999年

    島精機の更に進化した無縫製編機(FIRST)導入。優良申告法人表彰

  • 2000年
    ニット業界としては全国に先駆けて、アジア最大の繊維見本市「ジャパン・クリエーション」に出展
  • 2001年
    「ジャパン・クリエーション」に出展、「ニットテキスタイル部門入賞」
  • 2002年
    「ジャパン・クリエーション」に出展、2年連続の「ニットテキスタイル部門入賞」
  • 2003年
    「ジャパン・クリエーション」に出展、「ニットテキスタイル部門・最優秀賞」獲得
    以降「ジャパンクリエーション」には、毎年出展を重ね好評を得る
  • 2006年
    自社ブランド【CAST-MINE(キャス・ミン)】を立ち上げ商標登録
  • 2009年
    「峰田メリヤス株式会社」と「ソーイングミネタ株式会社」が合併し、更なる飛躍を期す。
  • 2010年
    【CAST-MINE】の展示会を開催・好評を得る
  • 2011年
    創業「60周年」・年4回の「CAST-MINE」展示会を開催・現在に至る
  • 2016年
    創業「65周年」

■ジャパン・ニット・セレクション 2016(東京国際フォーラム)

■CAST-MINE・自社ブランド展 2018ss